ナビクルならオンライン中古車一括査定サイトで高額査定可能

ナビクルならオンライン中古車一括査定サイトで高額査定可能

最近ではディーラーに下取りに出すのではなく、車買取会社に売る方が増えてきました。

 

そんな車買取会社に出来るだけ高く車を売りたいときはなるべく多くの査定を比較することがコツです。

 

しかし車買取会社1社ずつ査定を受けに車を持込みしていては大変です。

 

そんなときに便利なのがナビクルです。

 

こちらはオンライン中古車一括査定サイトです。

 

最大10社の車買取会社から査定が届きます。

 

インターネットで24時間査定を依頼できるので、1社ずつ車を持込みする手間は無く自宅に居たままで大丈夫です。

 

中古車は新車と違って中古車相場があり、時期によって変動しています。

 

同じ車種や年式や走行距離でも査定を受けるタイミングによっては損をしてしまいます。

 

夏冬のボーナス時期は中古車の需要が高まることが多いです。

 

コンパクトカーは新生活が始まる4月より前の2月頃、4WDは夏休みが始まる前や雪が降る前に需要が高まります。

 

こういった需要が高まるタイミングを狙うとより高額査定が期待できます。

 

 

車買取会社の査定はいつまでも有効ではないので、高く売れるタイミングを待ってから査定を受けられたほうがお得です。

 

しかしあまり待ちすぎて年式が古くなったり、モデルチェンジがあると査定が下がりやすくなってしまいます。

 

 

 

自動車査定士がクルマを見るポイント

 

自動車査定士が車査定でみるところとは?

 

査定マンがクルマを見るポイントをしっかり抑えていれば、査定額を上げることは簡単です。

 

自動査定士が査定額を決めるときには、まず業者間で行われているオークションでの金額をベースにします。

 

そこから事故歴などがあれば減点、オプション、人気車種などの理由で加点してゆく形で価格が決められていきます。

 

クルマの査定士が見るポイントは3つに分けられます。

 

1つ目はクルマの基本的な性能やグレードに関すること。車種、年式、グレード、走行距離、修復歴、整備履歴、タイヤの減り、エンジンルーム内の汚れ、冷却水、パワーウィンドウの作動状況、車検の期限などです。

 

2つ目はオプションに関すること。カーナビゲーション、キーレスエントリー、スペアタイヤはあるか、違法な改造をしていないかなどです。

 

3つ目は見た目の汚れに関すること。外装、内装にキズや汚れ、変形や変色などです。

 

査定前に高額査定のためにご自身でできることは、基本的な性能に関すること、オプションに関することは変えることはできないのですが、見た目の汚れに関することは対策できます。

 

査定に持っていく前に、洗車してワックスをかけたり、内装をきれいに掃除をしたり、タバコを吸われる方は臭いをとるようにしておくと、高額査定につながります。

 

売る時期の工夫をすることで、高額査定につながることもあります。例えば車検の期限が残り少ない場合は、車検を受けてから売るのと、車検を受ける前に売るのでは、車検の金額も含めてどちらがお得かを比較して売る時期の工夫をしてみましょう。

 

車査定で高値をつけて売却するためには、査定士のチェックポイントを抑えたうえで複数業者への一括査定見積もりをしてみてください。

 

車売却