車のパーツはプラス査定になりますか?

車のパーツはプラス査定になりますか?

車のパーツは査定額のプラスになるのでしょうか?

 

じつは、パーツと一言で言っても、種類は様々です。

 

一般的には、メーカーオプションパーツ(純正のオプションパーツ)は、人気がありますので、プラス査定になる可能性が高いです。

 

逆に、純正以外の社外パーツは残念ながらパーツの価格相応の査定額が得られず査定額が下がることもあります。

 

パーツの好みが人それぞれなので、純正以外のパーツによって車の需要が下がってしまうという判断です。

 

この場合でも純正パーツが手元に残っていれば、純正品に変えたほうが高額査定につながります。

 

穴をあけるなどの改造を施していない限りは問題ありません。

 

 

 

車買取ショップでは、パーツ専門店での査定ほど社外パーツの価値が評価されない状況があります。

 

社外パーツ装着車を査定に出す場合、パーツショップを含めた複数の買取会社の査定結果を参考にしてみてください。

 

パーツの種類や状況によって最善の査定額を得る方法が変わってきます。、

 

社外パーツ装着車を少しでも高額査定にするポイントは以下のとおりです。

 

・車に装着した状態で、そのまま買取をしてもらう。
・取り外して、パーツショップで売却する。
・多少の手間がかかるが、ネットオークションなどで売却をする。
・自分で保管して、新たな車に流用する。

 

どれが自分にとって一番メリットになるのかを考えて、買取業者を選定してみてくださいね。

 

車を高くうりたいなら、車買取専門店への一括査定見積もりをおすすめします。

 

 

⇒ 車売却