車高値売却 一括マイカー査定 費用

車高値売却のコツをお伝えします。車を売却する為にかかる費用とは?

車を売却する際に必ずかかってくる費用は下取車手続代行費用と査定料です。

 

車を売却するためには、売主がその車の所有者である必要があります。

 

下取車手続代行費用は名義変更をするための費用です。

 

年式が古かったり、キズが多いなどの理由で、残念ながら値段がつかなかった場合は、廃車の手続きの費用がかかります。

 

ご自身で廃車手続きをする場合にはかかりませんが、業者に廃車手続きを依頼する場合は、「廃車車両処理費」として1万円位までですが費用がかかるので注意してください。

 

個人で廃車の手続きをするには、陸運局へ行き、必要書類を集め、解体業者へ車を持って行き手続きを行いますが、自動車リサイクル法に基づく「自動車リサイクル料金」を新車購入時か車検時に払っていない場合は支払う必要があります。

 

ご自身で手続きをされるのではなく、業者に委託した場合にも、「廃車車両処理費」の中に含まれるのかどうかを確認しておいてください。

 

車査定のあと、売却にかかる費用をしっかり把握して高値で売りたいものですね。

 

☆確実に高額査定を出す商談、交渉方法とは?

 

自動車査定の商談は、自分の車が持つポテンシャルを最大限にアピールして高額査定を狙う為に大切なステップです。

 

確実に高額査定を出すには、次の方法があります。

 

まず、大前提として売り手のあなたはジェントルマン(もしくはレディー)であるべきです。

 

査定士は、横柄な態度の客が経験上“めんどくさい客”であると認識しています。トラブルのある車を売りつけるのがこのような客であることを知っているのです…。

 

逆もまた然り、というわけです。

 

だからといって、査定士に聞かれるがまま情報を教えるのは考え物です。

 

例えば希望金額をポロッと言ってしまい、それが相場価格を大幅に下回っていたら目も当てられません。

 

上からでも、下からでもなく、自動車査定の交渉は相手と対等の立場を保って誠実に、これが高額査定の必須条件です。

 

さらに具体的な方法へと迫ってみましょう。それは、多数の買取り店で相見積もりを取った上で交渉に臨む、という方法です。

 

まず2店舗で相場の当たり付け程度に査定を受けて、それを元に他の3店舗で込み入った交渉をする、といった具合です。

 

査定価格の開きが業者間で2〜3万円ぐらいになってきたら、その時が車の売り時です。ネットで一括査定を利用するのも有効です。

 

こちらの場合、手間をかけずに多くの業者で愛車の相見積もりを取れます。

 

車を売却して新車の費用にしたい方はこちら